Wi-Fiって何?今更人に聞けないWi-Fiの仕組み

最近、スマートフォンやタブレット端末でインターネットに接続する時、Wi-Fiを使っている人が多いです。しかし、Wi-Fiの仕組みについて本当はよく理解していないため、急にインターネットの接続ができなくなった時など、何をどう対応していいかわからなくなる人も多いでしょう。とは言っても、今更、「Wi-Fiって何?」と人に聞きづらいですよね。

Wi-Fiは、無線LANとも呼ばれています。無線LANのLANとは、ローカルエリアネットワークのことで、会社内や家庭内などの小規模なネットワーク環境のことを言います。ネットワーク機器同士が物理的にケーブルで繋がっているLAN環境であれば、データを共有することができたり、同じプリンタを使用することもできます。そして、Wi-Fiは、物理的にケーブルを接続しなくても、電波を飛ばすことでLAN環境を作ることができます。これによって、複数のネットワーク機器で、インターネット回線も共有することができます。さらに、Wi-Fiを利用すれば、スマートフォンやタブレット端末でもインターネット回線を利用することができます。このサイトでは、Wi-Fiの仕組みについて解説します。

無線LANのLANって何?

wifiWi-Fiは、ネットワーク機器を無線でつなぐ技術で、無線LANの代表的な規格の名前ですが、無線LAN全般をWi-Fiと呼ぶことが多くなりました。そもそも無線LANのLANはどういうものなのでしょうか?

LANとは、ローカルエリアネットワーク(LOCAL AREA NETWORK)のことで、そのまま直訳すると「地元の領域の通信網」です。例えば、パソコンにプリンタが接続されていないと印刷ができないなどがその例で、会社内や家庭内などで、パソコンやプリンタなどのネットワーク機器同士を接続して、データをやりとりできるようにした小規模ネットワークのことです。

基本的にLANは、LANケーブルでパソコンやプリンタなどのネットワーク機器同士を接続します。ハブというLAN用のタコ足回線機器があれば、1つのネットワークに複数のパソコンも接続できます。今や職場などでは、当たり前ですが、複数のパソコンでインターネットを利用したり、プリンタを共有したりできるのは、すべてLANで繋がっているからです。しかし、たくさんネットワーク機器があれば、それだけLANケーブルも多くなり、配線もぐちゃぐちゃになりがちです。そこで、無線LANにすることで、何本もLANケーブル使って機器に接続しなくても、電波が届く範囲内であればLAN接続できるようになり、配線もすっきりすることができるようになりました。

Wi-Fiは暗号化方式で利用できる

LANケーブルで接続しなくてもインターネットに接続できるWi-Fiは、無線LANともよばれていいます。無線LANは、どういう仕組みで利用できるのでしょう?

無線LANを利用するためには、Wi-Fiルーターが必要で、通信業者と契約したインターネットのプロバイダ情報があれば、数十メートル範囲で電波を飛ばすことができます。しかし、そのままだと電波の範囲内に居れば誰でも接続できてしまうことになりますから、暗号化が必要となります。

暗号化方式には、無線LANの初期から利用されている方式で、WEP(ウェップ)がありますが、設定がシンプル過ぎて解読されやすい可能性もあります。ただし、無線の電波は、数十メートル範囲内しか届きませんので、侵入されてもすぐ足がつきますのでそこまで警戒する必要はありません。さらに、WEPを進化させ、複雑にさせたものが、TKIPやAESという方式です。そして、WPA/WPA-2PSKは、Wi-Fiの業界団体が認証した高度な無線LANの暗号化方式で、侵入するためには困難でセキュリティレベルも高い方式です。しかし、まだまだこの暗号方式に対応しているネットワーク機器が少ないのが現状ですから、対応している暗号方式を確認する必要があります。

Wi-Fiのお得な活用方法

スマートフォンやタブレットなどは、基本的にモバイル回線を利用しています。しかし、通信データ量に制限があり、制限を超えると通信速度がかなり遅くなるのがネックです。インターネットの動作環境が鈍くなり、動画を見ていてもフリーズしてしまったりと支障をきたします。追加料金を払えば1GB単位などでデータ量を追加することもできますが、インターネットを頻繁に利用する人にとっては、追加料金ばかりが増えてしまいお金もかかります。

今やインターネットを利用するためには、光回線やADSLなど通信速度が高速な固定回線を利用するのが主流です。固定回線であれば、通信費が定額で、通信制限もありません。家で光回線などの固定回線を利用しているのであれば、スマートフォンやタブレットなどでもWi-Fiを利用すれば、固定回線を利用できますので、通信制限もなく通信料も無料です。

また、駅や商業施設、カフェなどでも無線LANサービスが利用できるWi-Fiスポットを利用できるところが増えました。事前に個人情報を登録して暗号キーをもらうと現地でWi-Fiを利用することができます。一度登録しておけば、次から自動的に接続してくれますので、よく行く場所ならとても便利です。また、事前登録なしで使えるWi-Fiスポットもありますが、1日1回だけ、10分以内など制限があります。

まとめ

今回は、Wi-Fiの仕組みについてご紹介しました。今までなんとなくWi-Fiを使っていたかもしれませんが、Wi-Fiはとても便利な機器です。また、Wi-Fiの仕組みが少しでも頭にあると、インターネット接続に不具合があった場合などに切り分けしやすいです。また、Wi-Fiをうまく利用すれば、スマートフォンやタブレットのモバイル通信料の節約することもできますし、なによりも通信制限もありませんので、好きなだけネットサーフィンを楽しむこともでできます。もちろん動画なども勝手に静止することも少なくなりますので余計なストレスも減ります。また、公共、観光施設、飲食店などでも無料でWi-Fiを使用できる場所が増えてきていますから、どんどん便利になるでしょう。