wimaxの導入費用

自宅にほとんどいないし、その割に毎月6,000円近くの光回線の利用代金を支払うのって、もったいない。そこで、自宅の固定回線の代用+モバイルルーターとしての1つ2役として、wimax(ルーター)を導入しようと考えておられる方って、けっこう多いのではないでしょうか?でも、今から光回線を解約して新たにwimaxを導入しようとすると、ルーターなどの端末代金や新規契約事務手数料など、けっこうな出費になるのではないか?と不安に思いますよね。

しかし、wimaxの導入費用は、ずばり0円です。できれば、0円以下の案件を見つたいところです。スマホや携帯電話のMNPによる新規契約は、総務省の指導により、「一括0円+キャッシュバック〇〇円」という施策は鳴りを潜めてしまって、まったく無いわけではないですが捜すのに苦労する状況となっています。

その一方、wimax(現在だとwimax2+ですね)の新規契約に関しては、ネットで検索すると、簡単に出てくるほどwimaxの新規契約に関するキャッシュバック施策は未だに行われています。よくある事例としては、「ルーターの端末代金一括0円(プレゼントですね)+キャッシュバックとして商品券をその場で3万円お渡しします」「ルーターの端末代金一括0円+最初の12か月間に限り毎月の利用料金から1,500円引かせていただきます」などです。新規契約にかかる事務契約手数料は、基本的に3,240円かかりますが、キャッシュバック分で0円以下にすることが十分にできます。ということで、wimaxの導入費用は0円以下なのです。導入費用はとしては、自宅固定回線の各光回線・ADSL・LTEルーターなどと比べても、圧倒的に安いと言えます。